まつげ美容液でボリュームアップでカラコンと相乗効果

私のまつ毛の悩みは、よく抜けることです。
つい目をこすってしまったら、まつ毛とまつ毛のあいだにすきまができるのがわかるくらい、抜けてしまいます。
けっきょくいつの間にか生えてくるのですが、抜けてる間がイヤなので、まつ毛のお手入れには気を使っています。
マスカラを落とすとき、よくまつ毛が抜けるので、やさしく落とすよう気をつけています。私のまつ毛は細いのでボリュームを出すためにたっぷりマスカラをつけるので、抜けないように落とすのは時間と根気が必要です。目元専用リムーバーを使ってコットンでそっと押さえるようにして落とし、綿棒も使います。
でも最近、お湯で落ちるマスカラを使い始めてから、落とすのが楽になってきました。落とす時間が短くてすみます。ただ、そのマスカラを私はたっぷりまつ毛に付けるので、最後に、指でまつ毛をつまんで、まつ毛にくっついているマスカラ(フィルムみたいにくっついています)を落とさないと完全に落ちません。そのときに、抜けることがあるので、どうにかうまく落とせないものかと、思案中です。
それから、マスカラが目の下につきやすい(パンダ目です)のも悩みです。
マスカラの上ににじみ防止のトップコートとして、クリアコートマスカラを使ったこともあるのですが、効果がありませんでした。落とすのもたいへんでした。
でも、今私が使っているお湯で落とせるマスカラは、かなり私に合っていて、パンダ目を防いでくれます。泣いても大丈夫でした。ただ、汗をたくさんかくスポーツを長時間(ジョギングやテニス)するときは、少し目の下についてしまいます。あと、お化粧をしたまま寝てしまったら、翌朝、完全なパンダ目です。
私のまつ毛は、長さはあるのですが、細くてボリュームがありません。このお湯で落とせるマスカラは、あまりボリュームが出ないのですが、まつ毛が抜けるのを防ぐのには優秀です。なので、私が今気になっているのが、まつ毛が増えると言われてるまつ毛美容液です。ボリュームのあるまつ毛にあこがれています。

そこでおすすめなのが「まつげ美容液」なんです。
使ったこともありますから、私もこうやって書けるんですが、使うのもとっても簡単なんです。
海外製で言ったらビューティーラッシュだったりラピッドラッシュだったりもあります。海外製そのままというわけではなく、日本仕様で作られたものがあるので、それを使えば安心なんですが、輸入ものは成分に気をつけないといけません。
コスメマニアなら分かるでしょうけど、日本で使える成分と海外なら大丈夫というものもあるんです。
だから、買う場所は慎重に選ぶ必要があるんですよね。
まつげのことはまたあらためて書いていきます。

カラコンとの相乗効果というか、黒目を可愛くして、まつげが長くなったら、それはもう目の印象が劇的に変わるでしょう。

カラコン三昧なブログにします

とりあえず何を書こうか考えたのですが、まずは興味のあることからにしようかなと。

そうでないとすぐに飽きてしまいそうですから。

今はところはカラコンになるかな。自分なりの考えなのでどうでもいいこと多いけどね。

カラコンもこれから先どうなるか分からない

今はモデルさんも当たり前のようにカラコンしてたりしますし、タレントさんとかでもしてるか分からないけど実はしてるってこともあるでしょう。
それぐらい当たり前の存在になっているということです。
オシャレを楽しむアイテムなんていくらでも過去に現在にもあるわけですから、それは別にいいのですが、それらと違うことは、目の健康にすごく関係するということです。
コスメとかの美肌アイテムで間違った方法で使ったりしますと肌が荒れたりすることもあるでしょうけど、それらとは大きく違う点もあります。
それは酷い場合は眼病になり、大変なことになりかねないってことです。
好きな服を着てオシャレするというのとはまた違うんですね。
それを分かっててカラコンしてる人もいるかもしれませんが、特に若い世代はそんなこと考えずにもっと気軽に付けてるのかなという印象もあります。

それでもやっぱり着けると違うんですよ。だって黒目が大きくなるんですから、印象がかわって当然ですよね。
何でも聞いたところによると、可愛く見える、白目と黒目の割合、バランスってのがあるみたいですね。白目がすごく多くて黒目が小さいより、そのバランスで見えたほうが可愛く見えるってことなのでしょう。
ただ、その逆もまた怖いところですね。
というのも、無理やりなくらい大きなカラコンってそりゃ黒目が大きくなって、白目部分が少なくなるわけですから、不自然に見えるようになってしまうということです。

話が逸れましたが、何事もバランスと知識が大事だなと思うんです。
薬事法という法律がからんできますが、私はそのあたりはまだよく分かりません。今後もっと厳しく規制されるようになるかもしれません。
例えば、今は眼科の処方箋なくても通販でカラコンが買えますが、そこらへんが厳しくなる可能性もありえるってことです。

ナチュラルカラコンが増えてくるのかもしれません

今はいろんなタイプのカラコンがありますよ。例えばデカ目とかハーフ系とかね。
でもこれからはナチュラル系がもっと増えていくのかなって思ってます。というよりレンズは小さいのがもっと好まれるようになりそうな気がします。
あくまで私の予想ですけどね。だって、大きいのは危険だって話も聞きますからね。絶対ではないですけど、いろんな情報をみてるとそう思うようになってきました。

例えば、レンズ直径でいうなら14mmくらいのサイズが今も多いとは思うけど、そのくらいのでシンプルで自然なのかな。本のちょっとだけ大きく見せるくらいのですね。
デザインもはっきりしすぎてないというか、遠目でみるとカラコンだと分からないくらいのってことです。

今人気なのでいくつかこのあたりのナチュラル系で好きなのを挙げておきます。

まずはワンデーカラコンです。

  • アイラボワンデー
  • ピエナージュ
  • ビーハートビーメアリー
  • エバーカラーワンデー
  • ネオサイトワンデーシエル
  • キャンマジヴィクトリアワンデー
  • ワンデーピュアナチュラルフレア
  • アイコフレワンデー

2週間使用ならこういうのです。

  • ビューム
  • ルースシフォン

1ヶ月使用です。

  • eyemake

3ヶ月使用とか1年使用とかでもありますよ。
特に私はだんだんとワンデーカラコン派になってきました。

ハーフ系カラコンも小さめでもいいかも

全然ほとんど分からないカラコンもいいんですが、ちょっぴり変わりたいって時もあります。
普段の平日には無理だと思うんですが、休みの日だけとかでもいいから盛りたいとかって気分の時もあったり。
気分の浮き沈みがあるタイプなので、かなり気分次第にはなるんですけどね。
ムラがあるというか、乗っているときはいいんですが、調子が悪いときは結構周りに迷惑をかけることもあります。
まあそんなことは置いておいて、今日はナチュラルなハーフ系カラコンのこと。
そもそもハーフっぽい顔ではないので、そういうカラコンを着けること自体ナチュラルなことではないんですけどね。
どういうのかというとサイズが小さめでそれほど奇抜でないもののことです。
14.5mmを超えるようなハーフ系となると、かなり大きくなるし、目だけが異様に大きく見えるようになったりしますから、当然不自然さはあります。
ところが、14mmくらいのだったりすると、思ったより馴染んだりするんですよね。

私が思うに、例えばrevyというハーフ系もありますが、最初にでたのは14.5mmでその次のmistyも14.5mmだったんですが、ラスターになって14.0mmになったんです。
これは私にとっては驚きでした。それだけこのサイズのカラコンが求められてるのではないかと思ったんですね。
あらためて、思ったのは、これからは小さめのナチュラル系がさらに人気になるのかなってことです。
シェリエも相変わらず人気ですし、メルベルもそうですし、1年使用ってところもポイントなのかも。
そういえば、あまりワンデーのハーフ系ってみかけないような気がするけどどういうのがあるんでしょうか。
キャンマジのワンデーは大きめだけど、ハーフ系ワンデーだね。

憧れとかなりたい願望ってのはこれからも続くでしょうから、その流れにもよるのかな。特にここ数年ハーフ系のタレントさんが人気ですし、毎日のようにテレビでみかけますからね。
メイクも参考にしたいしそれならカラコンもってなるところもあるでしょう。
太めのまゆげが目に近い位置にあるだけで、何でしょうか、かっこいい大人の女性に見えてくるんです。具体的な名前は挙げませんが、ちょっと気になる人もいてます。
先ほど1年使用ってフレーズが出たので補足しておきますが、長く使えるから安心って思ってはいけませんね。恐らくワンデー以上に気を使わないといけないと思います。
何かというとレンズの汚れや目の不調についてです。
私も時々あるのですが、昨日までは何もなかったのに今日つけようとすると目がゴロゴロするってことがあります。
もう一度レンズを洗浄して着けてみると大丈夫なこともあるし、それでも違和感を感じることがあります。そこで大丈夫だろうと判断するか、今日はメガネにしておこうと思うか。
絶対にメガネは嫌だなって思う日もあるかもしれないけど、そこはレンズをつけない選択をするのが正しいでしょう。
何か原因があるから、目の調子が悪いわけですからね。

まつ毛エクステのサロンも美容液も選ぶのが難しいと思う

今ではすっかり美容技術としてまつ毛エクステが定着し、ひと昔前に比べるとまつ毛エクステによるトラブルもだいぶ少なくなったようです。私も今までに、いくつかのサロンでまつ毛エクステをつけたことがありますが、カウンセリングや技術、値段などもそれぞれです。自分の経験した範囲ではありますが、まつ毛エクステサロンの選び方について書きたいと思います。
まつげエクステと美容液の探し方
まず、まつ毛エクステというのは「美容師免許」を盛っている人しか商売として施術ができないそうです。最近ではまつ毛エクステサロンのウェブサイトを見ると「当店の技術者は全て美容師免許保持者です」などとわざわざ書かれているサロンもあります。そういった表記がない場合には、ネットや電話で予約をする時に「念のため確認なのですが美容師免許を盛っている方に施術してもらえますよね?」と訊いてみたほうがいいです。小規模なマンションの一室のサロンとかだと、今でも無免許で施術している人がたまにいるらしいです。

次に、カウンセリングについて。初めて行くサロンでは、かなり細かくカウンセリングを受けます。希望のカールや太さ、本数、デザインはもちろん、アレルギーの有無や今のまつ毛の状態などについても訊かれます。私が行ったとあるサロンでは、施術前に目を閉じた状態で両目のまつ毛の写真を撮ってくれて、今の地まつ毛の本数や痛み具合などを説明された上で、希望の本数やデザインが無理なく施術できるかどうかを最初に確認してくれる所がありました。また、カウンセリングの時には施術後の注意点やメイクの落とし方なども細かく教えてくれます。こうしたカウンセリングがなかったり、あまりにも手を抜いているサロンはリピートしないほうがいいと思います。また、疑問に思ったことはカウンセリングの時に何でも確認したほうがいいです。

そしていよいよ施術ですが、上手なサロンだと施術には全く痛みは伴いません。グルーが目にしみたりすることもありません。もし施術中に痛みなどがあれば遠慮なく伝えましょう。仕上がった後も、なんだかチクチクするとか、異変があればその場で言ったほうがいいと思います。ちゃんとしたサロンならその場で解決方法を探してくれるはずです。

最後に値段について。かなり低価格なサロンや、付け放題などのメニューがあるサロンも増えてきましたが、やはり他店と比べて極端に安いサロンは避けたほうがいいかも。大切な目の近くに受ける技術なので、安さだけに惑わされず、技術が上手で安心して通えるサロンを探したほうがいいですね。

それはまつげ美容液選びでも一緒で、コスメ選びの難しさも共通するものがあります。ただ、商品とは違う難しさがエクステにはあります。
なぜなら、サロンが優れていても、その担当者がどうかという問題も浮上します。
その点、自分で使うまつ毛美容液なら、使い方次第なところもありますから、簡単といえばそうです。

2週間使用は汚れが溜まる前に破棄できる長所

瞳を大きく見せたり、きれいに見せることができるカラコンは、幅広い人たちに人気の商品となっています。
カラコンには多くの種類があり、カラーやデザイン、度ありや度なしなど、さまざまな商品が販売されています。購入する際にはこれらの他に、ワンデーや一年使用、1ヶ月使用、2週間使用などの使用期限も、商品を選ぶ大切な基準になります。

カラコンは使用期限によって、それぞれに違ったメリットがあります。一日使い捨てのワンデータイプのものは、手入れが不要なので管理が楽ですし、衛生面でも安心です。1年や1ヶ月など、使用期限が長いものは、繰り返し使用できるので、ワンデーに比べてコストがかからないメリットがあります。
1ヶ月や2週間使用のものは、毎日の手入れは必要ですが、1年使用のものよりも汚れがたまりにくく、ワンデーほどコストがかかりません。毎日使用する場合にはもちろんですが、短い期間だけ使用したい場合や、いろいろな種類のものを試したい場合にも向いています。

違う種類のものをいくつか揃えれば、普段使いにはナチュラルなデザインで使用期限が長いものを選んだり、休日には華やかなワンデータイプを選ぶなど、目的に合わせて使い分けることもできます。

メルベルのような1年使用を選ぶのもいいですし、汚れがたまる前に捨てれる2週間くらいのを買うのもいいです。
正直私自身が、最適な期間というのを見つけれてないというのもあります。

カラコンで完璧な衛生状況を求めるのは無理でしょうけど、気持ち的にはやはり快適に使いたいというのがありますので、長く使い続けてるうちに、調子が悪くなってくると、汚れなのかなと思ったりして、早く破棄することもあります。
1年使用を半年くらいで捨てたりという経験をした人もいるのではないでしょうか。ブログとかでそういう書き込みを見たりしたこともありますから。

2015年に入ってからはあまり新しいカラコンをチェックしてないのですが、どのタイミングで販売開始されたのか分かりませんが、リッチベイビーってのも14.0mmのハーフ系で可愛いんです。藤井リナちゃんプロデュースだったと思います。
メルベルと一緒のサイズですが、私は今年は14mmのハーフ系ってのが流行るのではないかと思ってます。時代はデカすぎるカラコンよりちょっと大人な感じのが好まれるのかなと。
眉毛もちょっと太めになってきてるし、細い眉毛にデカ目カラコンの時代は過ぎたのかな。

ナチュラルカラコンこそ着色直径にこだわる

ナチュラルなカラコンはまずレンズ自体が小さいです。
そしてデザインも自然に盛れるようにできています。

では、そもそもレンズが小さいとはどのサイズのことを言うのでしょうか。
カラコンを購入する際、例えば通販サイトとかですと、スペック表というのが載っています。
レンズ直径やベースカーブ、含水率、度数について、使用期間、製造販売元などが載っています。
そこで大きさを見るのはレンズ直径です。
透明な部分も含めたレンズの幅のことですね。
レンズを潰さないで測定した数値が一般的ですが、個人輸入のカラコンの場合は、レンズを潰した状態での測定値を記載していることがありますので注意が必要です。

そして、もう一つ、載ってたり載ってなかったりするのが「着色直径」です。
着色外径と表記されていることもありますが同じです。

こちらは、先ほどのレンズ直径とは違い、透明部分を除き、着色されている部分を測定した数値です。
こちらも個人輸入カラコンでは潰した状態での測定値の場合があります。

カラコンの大きさを知るには着色直径が大事

それでは、ナチュラルなカラコンを買う時に、どちらをチェックすればいいでしょうか。
どちらも大事なんですが、やはり見るべき数値は着色直径です。

先に大切なことに触れておきますが、個人輸入カラコンでは、レンズ直径は潰さない数値で、着色直径は潰した状態で表記されていることがあるんです。
通常は、着色直径がレンズ直径より小さい数値のはずです。
ところが、着色直径だけを潰した数値にすると、こっちのほうが大きくなってしまうんです。
不思議に思ったことがある人はこういう理由があるということを覚えておいたほうがいいですよ。

話を戻します。
私の考えですので、参考程度に読んでいただければと思います。
ナチュラル系で考えるなら小さめのほうがいいでしょう。
レンズが小さいほうが目の疲れ方や乾き方もましだと思います。一概には言えませんが、まったく同じつくりのレンズだったらそうなるはずです。

そして、レンズ直径が同じでも着色直径はブランドやカラバリによって異なります。
DIA14.0mmでも、着色直径が13.2mmあるものや12.8mmのものがあったりするということです。
見た目に影響するのは着色直径ですから、前者のほうが大きく見えます。
透明部分ははっきりいって何の意味もありません。私としては、全く無駄な部分だと思ってます。着色がなくても角膜を覆うわけですから、酸素の透過にはよくありません。

今まで14.0mmのカラコンを着けてて、同じ14.0mmの違うブランドのを買ったらやたらと小さく感じたということはありませんか。
それはもしかしたら着色直径の違いかもしれません。

これからいろんなシリーズを試したいなら、必ず、今使ってるカラコンの着色直径はどこかにメモしておいたほうがいいでしょうね。
それを参考に次に買ったものを比べてみる。それをするかしないかで、求めてるカラコンに出会える確率が変わってくると思いますよ。
ちなみにメルベルは14.0mmのレンズ直径で着色直径は13.0mmですね。きちんと表記されていましたよ。

目が不調なのにカラコンを付けることないように

日によって、そして時間によって目の調子って変わると思います。
寝不足の次の日の朝は目が充血していたり、長時間テレビや映画を見た後なんかは目が疲れてるなって感じることもあるでしょう。
カラコンを長時間装着した後でも目の乾燥が気になることもあるかもしれません。

気にならない程度の時もありますが、目の奥が重いと感じることもあるでしょう。
確かに眼は1日中起きてる間はどんな時でも使っていますし、眼の負担を強いられる環境が増えている現代では、ストレスを感じることも多いと思われます。

年齢とともに目を労わるようになるかもしれませんが、若いうちはそんなことお構いなしで目が少しくらい調子が悪くても関係ないと思い、カラコンをつけ続ける人も少なくないと思われます。
しかし、目が不調なのにカラコンを付けていると、さらに目に負担がかかり、すぐには改善しないくらいに酷くなることも考えられます。

徹夜とまでいかなくても、いつもより寝るのが遅くなったとか、すごく早起きしないといけない朝なんかは、やっぱりまぶたが重いと感じることもあると思います。
はれぼったいまぶたをしていると、目元の印象も悪くなるでしょうし、化粧ののりも違ってくるでしょうから、いかに生活習慣のリズムを整えるかはとても大切な課題だと思います。

少しでも目を大きく見せたいなら、やはり目の調子を整えておく必要があります。
普段は二重まぶたなのに、疲れ目が酷くて一重になってしまうこともあるでしょう。
さらには仕事でパソコン、プライベートでスマホをする時間が増えてくると、目を休めてあげる時間などないに等しいでしょう。
出来ることなら、遠くをぼんやる見つめるだけでもいいでしょう。

考えてみると私の生活もほとんど5メートル以内のものを見ることが1日のほとんどです。
室内にいれば遠くを見ることもありませんし、そうかといって外で活動する機会も極端に少ないのが現状です。

出来ることならこういった生活を変えていけばいいのですが、それも簡単ではありません。
ですので、カラコンを着けるなら、少し小さめのにするとかでもいいでしょう。
つけない日を増やすのもいいでしょう。
私が好きなメルベルなんかはレンズサイズが小さいのも好きなところです。
アプリコットブラウン、シャンパンブラック、ナチュラルブラック、ミストグレーと今は4種類ありますが、私がレビューを見てる限り付け心地がいいというのはこのサイズも関係しているような気がします。
若いうちはとくに黒目の大きさに魅力を感じる人も多いかもしれませんが、次第にナチュラル志向に変わる人も多いと思われます。

目のまわりには皮膚も薄いですから、疲れや寝不足でくまができたりします。
そういう目元に男性が魅力を感じるとは思えません。
睡眠不足にならないような生活を心がけることはとても大切だと思います。

カラコンで小さいメリットなんてあるの?

なぜ大きいカラコンが好まれるかというと、それだけインパクトがあるし、黒目が大きくなればそれだけ可愛いと思われると思うからではないでしょうか。
実際どう思われるかは人によったりもするでしょう。
しかし大きいカラコンにも欠点があります。それを考えていくと小さいカラコンのメリットも浮かび上がってくるのではないでしょうか。
まず、大きすぎるかもしれないってことです。
白目が少なくなると当然何だか不自然なバランスに見えてきて怖い思われるかもしれません。
それにそんなに角膜を覆ってしまっては、酸素の透過も悪くなり、目がしんどくなりやすくなるのは間違いないでしょう。
となると長時間装用はさらに厳しいものになると考えられます。
見た目とつけ心地や疲れ方、そのあたりに欠点があるのではないでしょうか。
となると小さいカラコンのメリットはその逆の、疲れにくさ、自然さでしょう。
大きすぎると自分はいいと思ってても、やっぱり違和感を覚える人もいるかもしれません。
競うように大きいのが発売されたりしますが、長い目で見るとナチュラル志向になっていくのかなと思います。

瞳というのは酸素を必要とします。実は、10代までに視力が悪くなる人も多いですが、10代、20代、さらには30代以降でも近視になることもあるんです。
10代というのはスマホに触れる機会が一気に増える世代です。20代になるとパソコンにも触れることも多いでしょう。
そうなってくるとどんどん目に負担がかかり、近視になってしまうこともあるんでしょうね。
その10代や20代の目の疲れ過酷になっていくタイミングでカラコンとなると、どうしてもさらに目に負担がかかってしまうでしょう。
かといってカラコンをしないという選択を考えない場合、どうにか少しでも負担をかけないことも考える必要があるでしょう。
いくつか考えられることがありますが、その中の一つがレンズサイズを小さいのにするというものです。
仮にDIAが14.8mmくらいあるものと、14.0mmのものを比べると0.8mmもの差がでます。
数値だけで見ると僅かに感じますが、元々目の大きさなんてたかが知れていますので、その差が長期的にみると影響が大きくなると思われます。
目の奥が重いとか充血する、かすむといった症状から、次第に頭痛や肩こり、だるさ
さらには十分な睡眠が取れないとか、あらゆる健康面に支障が出てくる可能性すらあります。
まだ若いからと思わずに、常に自分の健康のことを考えるようにしたいですね。