ハーフ系カラコンも小さめサイズ

全然ほとんど分からないカラコンもいいんですが、ちょっぴり変わりたいって時もあります。
普段の平日には無理だと思うんですが、休みの日だけとかでもいいから盛りたいとかって気分の時もあったり。
気分の浮き沈みがあるタイプなので、かなり気分次第にはなるんですけどね。
ムラがあるというか、乗っているときはいいんですが、調子が悪いときは結構周りに迷惑をかけることもあります。
まあそんなことは置いておいて、今日はナチュラルなハーフ系カラコンのこと。

そもそもハーフっぽい顔ではないので、そういうカラコンを着けること自体ナチュラルなことではないんですけどね。
どういうのかというとサイズが小さめでそれほど奇抜でないもののことです。
14.5mmを超えるようなハーフ系となると、かなり大きくなるし、目だけが異様に大きく見えるようになったりしますから、当然不自然さはあります。
ところが、14mmくらいのだったりすると、思ったより馴染んだりするんですよね。

私が思うに、例えばrevyというハーフ系もありますが、最初にでたのは14.5mmでその次のmistyも14.5mmだったんですが、ラスターになって14.0mmになったんです。
これは私にとっては驚きでした。それだけこのサイズのカラコンが求められてるのではないかと思ったんですね。
あらためて、思ったのは、これからは小さめのナチュラル系がさらに人気になるのかなってことです。
シェリエも相変わらず人気ですし、メルベルもそうですし、1年使用ってところもポイントなのかも。
そういえば、あまりワンデーのハーフ系ってみかけないような気がするけどどういうのがあるんでしょうか。
キャンマジのワンデーは大きめだけど、ハーフ系ワンデーだね。

憧れとかなりたい願望ってのはこれからも続くでしょうから、その流れにもよるのかな。特にここ数年ハーフ系のタレントさんが人気ですし、毎日のようにテレビでみかけますからね。
メイクも参考にしたいしそれならカラコンもってなるところもあるでしょう。
太めのまゆげが目に近い位置にあるだけで、何でしょうか、かっこいい大人の女性に見えてくるんです。具体的な名前は挙げませんが、ちょっと気になる人もいてます。
先ほど1年使用ってフレーズが出たので補足しておきますが、長く使えるから安心って思ってはいけませんね。恐らくワンデー以上に気を使わないといけないと思います。
何かというとレンズの汚れや目の不調についてです。
私も時々あるのですが、昨日までは何もなかったのに今日つけようとすると目がゴロゴロするってことがあります。
もう一度レンズを洗浄して着けてみると大丈夫なこともあるし、それでも違和感を感じることがあります。そこで大丈夫だろうと判断するか、今日はメガネにしておこうと思うか。
絶対にメガネは嫌だなって思う日もあるかもしれないけど、そこはレンズをつけない選択をするのが正しいでしょう。
何か原因があるから、目の調子が悪いわけですからね。