ナチュラルカラコンは着色直径が重要

ナチュラルなカラコンはまずレンズ自体が小さいです。
そしてデザインも自然に盛れるようにできています。

では、そもそもレンズが小さいとはどのサイズのことを言うのでしょうか。
カラコンを購入する際、例えば通販サイトとかですと、スペック表というのが載っています。
レンズ直径やベースカーブ、含水率、度数について、使用期間、製造販売元などが載っています。
そこで大きさを見るのはレンズ直径です。
透明な部分も含めたレンズの幅のことですね。
レンズを潰さないで測定した数値が一般的ですが、個人輸入のカラコンの場合は、レンズを潰した状態での測定値を記載していることがありますので注意が必要です。

そして、もう一つ、載ってたり載ってなかったりするのが「着色直径」です。
着色外径と表記されていることもありますが同じです。

こちらは、先ほどのレンズ直径とは違い、透明部分を除き、着色されている部分を測定した数値です。
こちらも個人輸入カラコンでは潰した状態での測定値の場合があります。

カラコンの大きさを知るには着色直径が大事

それでは、ナチュラルなカラコンを買う時に、どちらをチェックすればいいでしょうか。
どちらも大事なんですが、やはり見るべき数値は着色直径です。

先に大切なことに触れておきますが、個人輸入カラコンでは、レンズ直径は潰さない数値で、着色直径は潰した状態で表記されていることがあるんです。
通常は、着色直径がレンズ直径より小さい数値のはずです。
ところが、着色直径だけを潰した数値にすると、こっちのほうが大きくなってしまうんです。
不思議に思ったことがある人はこういう理由があるということを覚えておいたほうがいいですよ。

話を戻します。
私の考えですので、参考程度に読んでいただければと思います。
ナチュラル系で考えるなら小さめのほうがいいでしょう。
レンズが小さいほうが目の疲れ方や乾き方もましだと思います。一概には言えませんが、まったく同じつくりのレンズだったらそうなるはずです。

そして、レンズ直径が同じでも着色直径はブランドやカラバリによって異なります。
DIA14.0mmでも、着色直径が13.2mmあるものや12.8mmのものがあったりするということです。
見た目に影響するのは着色直径ですから、前者のほうが大きく見えます。
透明部分ははっきりいって何の意味もありません。私としては、全く無駄な部分だと思ってます。着色がなくても角膜を覆うわけですから、酸素の透過にはよくありません。

今まで14.0mmのカラコンを着けてて、同じ14.0mmの違うブランドのを買ったらやたらと小さく感じたということはありませんか。
それはもしかしたら着色直径の違いかもしれません。

これからいろんなシリーズを試したいなら、必ず、今使ってるカラコンの着色直径はどこかにメモしておいたほうがいいでしょうね。
それを参考に次に買ったものを比べてみる。それをするかしないかで、求めてるカラコンに出会える確率が変わってくると思いますよ。
ちなみにメルベルは14.0mmのレンズ直径で着色直径は13.0mmですね。きちんと表記されていましたよ。